prev09next
sunmontuewedthufrisat
-----12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

プロフィール

Mjuk

Author:Mjuk

千葉県在住。インテリア大好き!友人の料理教室(96’s Cooking)を手伝い中。

FC2カウンター

参加してます

にほんブログ村 インテリアブログへ にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ にほんブログ村 子育てブログへ

ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

速読講座の体験(市進学院)

前回浮いたお金で買ったものは、買ったまま・・・・未だノータッチ。
使用後の感想を書きたいので、まだ後日UPします。

さて。
今回は、速読講座について。
6月9日のズームイン!を観ていたら「速読がブーム」特集。
速読=大人のスキル と思っていたが、
市進学院の津田沼校が取り上げられ、小学生がやっている。

へぇ~面白そう!
ネットで調べてみると、津田沼校以外でも扱ってる。
試しに問い合わせてみると、無料体験できるそう。

で。
早速、体験してきました!
まずは、速読のパンフを貰い、軽く説明が。

その教室では、数十名の受講者がいるが小5以上で、
小3の受講者は現在いないため、どのような効果なのかわからない、
とのこと。
速読 = 読解力がつく では、ないこと。

正直、息子が速読できるようになっても、
読解力が足りない、漢字が読めない、言葉の意味がわからない、
のであれば、字ズラを追うだけになるんじゃ?
という懸念がありました。
なので、先生の話しには納得。

それらを踏まえて、体験スタート!
息子がやるのを隣りで見るだけと思ってたら、「お母様もどうぞ」と体験を勧められた。
せっかくなので、やらせて頂きました。

各自パソコンに向かい、先生の指示に従い、マウスをクリック。
最初に例文が表示され、読み終わるスピードから1分あたりの文字数を計算。

その後、視野角を広げる、神経衰弱のようなゲーム、ランダムに出てくる単語を見る、
速度を変えた文章を読む、例題に答える・・・など
速読力UPのトレーニングを経て、最初の例文を読み、スピードの比較が表示される。

確かに、トレーニングの前後では、格段にUPし、なんと約2倍!!(私の場合ですが)
ただ、同じ例文が何度も表示されるので、覚えちゃう・・・というのは否めない(^^;
でも、「脳ミソ使ってるな~」という負荷は、やってる間ヒシヒシと感じました。

脳細胞が破壊されつつある中年女性で↑だから、
成長段階の子供なら、そら効果あるわな~

肝心の息子は、同時にやってるので、効果がイマイチ把握できない・・・
ただ、例題に答える問題はパーフェクト!で予想外。
ちょっと複雑な例文が一定時間表示され、答えを選ぶ形式で、速読より記憶力を試される。

それまでバカ丸出しの息子だったので、先生もちょっとビックリしてました。
・・・Z会はわからないのに、どーしてかしら? o( ̄▽ ̄メ )

パソコンでゲーム感覚だったのか、息子は大変気に入った様子。
「ボク、やりたい!!」と、頂いたパンフを家で眺める程・・・
でも、息子が現時点で始めるのは早すぎる気がするのと塾生以外は割高になることが
ネックになり、今回は見送りマス。

でも、体験を通じてヒントを貰ったので、似たようなことを自宅でやれば
効果があるのかな。
とりあえずは、私のボケ防止のためにも親子で脳トレですかね?


スポンサーサイト
 

黒板が見える≠字が見える

就学時検診でわかったのだが、息子は視力が低い。
生まれつき、左右の下睫毛が内側に入ってる「逆さ睫毛」で、
眼球に触れるため、乱視が強いのが原因だそう。

定期的に眼科を受診し、メガネが必要なレベルではなかったのだが・・・
先月、ドクター曰く、
「学年が上がると、必要な視力も上がるからね~7月に検査して考えましょう」

つまり。
学年が上がる → 勉強が複雑・難しくなる → 視力が悪いと、ついていけない
ということ?

はっ!(゚∇゚ ;)
・・・思い当たる出来事がございました~

GW前の授業参観で、息子が教科書やノートすら開かず、肘をついてボーっとしてる。
みんなは手を挙げて、次々と答えてるのにっ!
息子は一番後ろの席。
真後ろにいた母は「どついたろかぁあああ!o( ̄▽ ̄メ )」と、
拳を何度引っ込めたことかっ!

帰宅後、即!反省会ですよ。
「ねぇ、黒板見えてるの?」と、私。
「見えてるよ」
「じゃあ、なんでノートも開かないわけ?」  (`ロ´)ノ
息子もシンミリしてたので、まぁその場は注意して終了~

そしてGW明けに席替えがありまして。
目が悪い子は、前の席を選べるらしく、息子に「そうしなさい!」と言って聞かせてた。
おかげで、息子は一番前の席をGET。

すると。
学校の出来事をしゃべる・しゃべる!
未だかつてない位、あーだこーだ教えてくれる。
もしかして?
「以前話さなかったのは、見えてなかったから?」
「うん、今の席は字が見えるし、先生の声も聞こえるよ」

・・・やっぱり。
そのことを男の子ママに話したら、
「ミュークは『黒板見える?』って聞いたんでしょ?それじゃあダメよ!
 息子くんは黒板は見えてるから、『うん』って言うのよ。
 男子はバカなんだから、『黒板の字、見える?』って聞かなきゃ。」

どんだけバカなんだ・・・ウチの息子。 _| ̄|○il||li
落ち込んで、ある日。
面白~い子育てエッセイに、
「眼科の先生に『男子はバカだから、自分が見えてないことすら、気付いてない』と言われた」
的なことが書いてあった。

息子は生まれつき目が悪いので、気付いてなかったんだ!と、納得!( ̄∇ ̄;)
というわけで。
男子に聞く時は
「黒板の字、見えてる?」「字」を入れましょう~(お利口な男子は除く)

 

新しいクラス

息子の学校は、マンモス校。
中でも息子の学年は、ミレニアムbabyの年なので、一番の大所帯。
小2までは少人数制で、1クラス30人前後だったのが、
今年は、1クラス40人弱・・・・

少子化って、どこの国の話ですか??? щ(゚ロ゚щ)

クラス替えもあり、担任も替わった。
初日、下校した息子が開口一番
「○○ちゃんと同じクラスになった!」
「それに、△△ちゃんも!」と、嬉しそう。

○○ちゃんは以前から友達で、女の子で唯一、電車ネタに付き合ってくれる子。
「息子くんって電車詳しいね~」と褒めてくれるから、息子はノリノリ。
片思いなんですが。

去年も同じクラスの△△ちゃんは、○○ちゃんと顔が似てるので好きになった子。(←オイ!)
追いかけ回して、嫌われたそう・・・・w( ̄▽ ̄;)wワア

△△ちゃんがZ会やってたので、息子がヤル気になった背景がありまして。
今年も続けてるのかな~?
△△ちゃんも受験コースなら、息子のヤル気も持続するんだけどな~

他にも登校一緒で仲良しの□□君や1年生の時に仲良しだった子が何人かいて、
よかったよかった!
息子に「新しいクラス、どう?」と聞いたら、
「ウロウロする子がいないよ!みんな、先生の話をちゃんと聞いてたよ」とな。

・・・・・去年が凄かったからね(ボソ)
3年生なら、当たり前なんだけどね・・・(-_-;*)

名簿を見ると、知ってる子は落ち着いた子が多い。
というか、各クラスでトップ級だったお利口さんばかりっ!!Σ( ̄ロ ̄lll)
これは、授業の進みが早そう・・・

1年生の時がまさにコレで、担任も驚くほどサクサク授業が進んだらしい。
他のクラスより、ぶっち切りで早かったもんな~
あ~息子、頑張れ? <(; ̄з ̄)> ~♪

 

リアルいきものがかり

3学期、息子は「いきものがかり」になったらしい。
「生き物が苦手な息子が何故?」と思ったら、
ジャンケンに負けまくって、不本意ながら・・・だそう。

しかも、クラス1・・・いや学年1と思われるガキ大将とのペア。
この1年、泣かされて散々な目にあってた息子。
今回、一緒になって落ち込むかと思いきや、そうでもない。

「○○君、全然仕事しないんだよっ!」
「やってよ!って言ってもやらない!」と、怒ってる。
息子、成長したな~ (T▽T)
バイオレンスな彼なので、以前は怖くて近寄るだけで、ビビッてたのに。

で、肝心の生き物。
2学期に金魚がお亡くなりになり、2月にメダカ3匹が来たそう。
ところが、1週間で1匹が成仏・・・現在、2匹。

飼育方針は、かなり自由っぽい。
○○君がノータッチな分、息子が世話してるそう。
だ、大丈夫か??( ̄O ̄;)
過去のコオロギ事件からも、不安だ・・・

現に。
「エサあげ過ぎると死んじゃうから、今日はあげなかった」とな。
「あげる日、決まってないの?」と私。
「うん!ボクが決めてる」と得意そう。

息子よ・・・
今日は月曜日だ。
メダカが最後にエサを貰ったのは、多分金曜だ。
あげない日は、火曜か水曜か木曜にしようよ。 ノ( ̄0 ̄;)ノ


 

ホワイトボードで子供のスケジュール管理

小学生男子たるもの。
学校から帰るなりランドセルを放り投げ、
「遊んでくる~」と、外に飛び出すものだと思ってた。

そういう元気な子もいるけど、息子はどうやら違うらしい。
友達に誘われたら遊ぶけど、自分から誘うことは滅多にない。
家で一人マッタリしたいそうな・・・オジサンですかっ??(|||ノ`□´)ノ

そんなグータラな息子ですら、放課後は忙しい。
毎日5時間授業の後、習い事は、スイミング週1回、そろばん週2回。
そろばんは近所で1時間なので、時間はかからないハズなのに、
就寝までバッタバタ。

ズルズルと夜になり~
ダラダラと寝るのが遅くなり~
あぁ、悪循環・・・ L( ̄∇ ̄;)」

案の定、息子は学校で眠いらしく、欠伸ばかり。
授業参観でその姿を見て、母かなりショック!
先生からお咎めもありまして・・・えぇ (-_-;*)

息子の生活リズムを整えるために、見直しました。
まずは、5時をスタート、就寝9時をゴールに設定。
4時間で、勉強・夕食・入浴・フリータイムをこなす。

ここで、アイテム投入!
B5サイズのホワイトボード(¥100均出身)
息子が帰宅したら、予定を相談し、スケジュールを確認。
そして。
息子がホワイトボードに書きます (* ̄0 ̄)b ←ココ大事!

最初は、
  5:00~6:30 勉強(宿題含む)
  6:30~7:00 ごはん
  7:00~8:30 自由時間(TV、ゲーム等)
  8:30~9:00 明日の仕度&おふろ
にしてました。

しかし、お楽しみを中断することは難しく、「もうちょっと~」と伸び伸びに。
そこで、おふろの時間を夕飯前に変更。

今は、こんな感じ ↓
  5:00~6:30 勉強
  6:30~7:00 おふろ
  7:00~7:30 ごはん
  7:30~9:00 自由時間&明日の仕度

すると。
サッサと入浴とご飯を済ませれば、自由時間が増える!と気付き、
私に言われる前に自分で行動するように!!

私自身も夕方のダラダラ(お茶飲み、読書など)を禁止!
早めに夕飯やお風呂の準備をするように。
すると、急にスケジュールが変わっても、準備してるので
9時ゴールは死守できる!

私も「早くしなさ~い!」「ダラダラしないっ」と、
ムダに怒ることも減り、気分にムラがなくなったかも。 
息子以上に私に効果があったという・・・ことかしら?w( ̄▽ ̄;)wワア

息子自身、時間を書き出すことで、「これしか時間ない・・・」と理解した様子。
目に見える形で説明すると、子供も実感できるよう。

小2でこの慌しさ・・・正直、小学校生活ナメてましたっ!
高学年になったら、どうなるんだろう?
そして皆さん、どうしてるんだろう??


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。