prev05next
sunmontuewedthufrisat
-123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031---

プロフィール

Mjuk

Author:Mjuk

千葉県在住。インテリア大好き!友人の料理教室(96’s Cooking)を手伝い中。

FC2カウンター

参加してます

にほんブログ村 インテリアブログへ にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ にほんブログ村 子育てブログへ

ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

Z会VSチャレンジ 3年生サンプルの陣

10月頃だろうか?
両方(ベネッセ・Z会)から新学年のサンプルが届いた。
頼んでないのに・・・
受講してれば、「来年もぜひっ!!」というシステムなのだろう。

Z会は、夏に請求したものと、同じでした。
1,2年生のサンプルと比べると、すごいボリューム。
抜粋してるけど、テキスト(4教科)が1冊ですよ!
それも、標準コース(教科書に準じた内容)と受験コースのダブル!

コース別の違いやカリキュラムがよくわかる。
判断材料として、充分なサンプルだわ。 (゚∇^d) グッ!!

それに比べると、チャレンジは・・・・
ペラッペラッで、サンプル内容も2年生の復習ばかり。
息子は「3年生って簡単だね!」と喜んでた。  (-_-;*)オイオイ

3ヶ月、チャレンジとZ会を比較して、
「2年生のテキストは、内容に大きな違いはない」
というのが、私の感想。

でも3年生は、全然違うっ!
受験コース(Z)は、別物なので、置いとくとして。
教科書に準じた両者を比べてみましょう。
ちなみに、私の独断と偏見に満ち満ちてますので、ご了承ください。(* ̄Oノ ̄*)

まずは、Z会 標準コース
 
算数・理科・社会は、参考書のよう。
絵、写真でわかりやすく説明してる。
ただし、説明のスペースが多く、問題量は少ない。

国語は、独自の題材を使用し、教科書に準じていない。
読解のコツや方法を詳しく説明してるが、
結構な長文で、国語が苦手な子には難しいかも。

全体的にスッキリとした紙面で、「今月のまとめ」のページもあり、効率良く進めていけそう。
でも、受験コースと比べると、アッサリし過ぎて、物足りない(国語除く)
付録やサポート体制も違うし・・・
Z会は、受験コースに力を入れてるな。 たぶん(゚∇゚ ;

お次は、チャレンジ

4教科とも、相変わらずキャラクターてんこ盛りで、ゴチャゴチャした紙面。
サンプルが足りず、内容やレベルが判断できないが、
2年生とあまり変わらなそう・・・

でも、付録の計算マシンなどは、食いつき良さそうで魅力的~
値段(毎月払い)もZ会¥5900に対し、¥3950と約¥2000違う。

標準コースは、チャレンジより良いと思うけど、内容的にどっちつかず、な感じ。
値段の割に物足りない。付録もないし!(ウチはこれ、大事) щ(゚ロ゚щ)

安いチャレンジで授業のフォローをし、
足りない分は市販の教材で補うのもアリ?
と、思い始めてます。
浮いた¥2000で、ドリル2冊は買えるもんね~(買わないけど)

「考える力・プラス講座」が、¥2800(毎月払い)だから、復活してもいいかも?
でも、サンプル用意してないんですって。
それって、どうなんでしょう??ベネッセさん! ○ ̄□ ̄)=○

正直、ついて行けるなら、受験コースやらせたい・・・
内容良いので。
でも、息子にはハードル高くて・・・無理っ!
勉強嫌いになりそう。 ノ( ̄0 ̄;)\

身の丈、というか身の程で選ぶと・・・
息子には、チャレンジかなぁ~?

肝心の息子ですか?
付録(チャレンジ1月号)の勧誘DVDに洗脳されてまんがな~ L( ̄∇ ̄;)」オーマイガー!

スポンサーサイト
 

Z会VSチャレンジ 11月の陣

今回は、11月号の比較
ちなみに、小学2年生です。

チャレンジ、Z会ともにテキストと添削テストは終了してます。
付属のドリルは、夏休みなどにまとめてやるので、手付かず。

さて、両者かけ算のまとめという感じです。
詳しく見ていきましょう。

まずは、チャレンジ
 ・国語は、単元「さけが大きくなるまで」、漢字学習 他
 ・漢字のページが増えてる
 ・算数は、かけ算オンリー
 ・付録は、お風呂で遊びながら九九を覚える「九九ルーレット&シート」

   IMG_2896.jpg

   IMG_2897.jpg

今月は、2、3、4、6、7の段。
1つの段=1回分で、毎日1段ずつ増えて構成。
Z会も同じで「進み早いな~」と思ってたけど、これが普通?
その後も繰り返し取り上げるので、モレはなさそうだけど・・・

「あれ?」と思ったのは、「2の段+5の段=7の段の答えになる」という部分。
7~9段は数も増えて覚えにくいから、分解して取っ付きやすくしてる?
逆に、ややこしいんじゃ??

付録は、寒い時期=長風呂になるので、タイムリーといえばタイムリー。
3年上のイトコが持ってた物と、ほぼ同じ。
最初は喜んでやってたけど、1週間で飽きた・・・

「さすがね~」と思ったのは、九九の中だるみ対策。
あのテこのテで、畳み掛けるように興味を持続される仕組み。
シール貰えたり、付録のバトルマシーンで対戦するだけでも
単純な 素直な息子は、マンマとはまりました・・・

国語は、例文見て穴埋めする形式。
なので、読解が苦手な息子もできる。
どうも「問題文のキーになる言葉を例文で捜せばいい!」と気付いたようで・・・
おかげで、読解力はさらに低下してます・・・

お次は、Z会
 ・国語は、文章読解(3つ)、未来のことを絵で表現&作文&話す 他
 ・算数は、かけ算

   IMG_2898.jpg

   IMG_2899.jpg

今月で九九の段はクリアー。
チャレンジは、8,9の段が残ってるので、Z会は進みが早い。
1の段と10の段を一緒に取り上げるは、グッド!

そして。
チャレンジのように分解して覚えさせません。
「9×2 と 2×9 は同じ答え」と、既に覚えた九九を逆にして覚える方式。
なるほど~私もコレで覚えた気がします!

そして、国語。
↑の写真のように、問題が少ないんです~
穴埋めじゃないので、例文を理解してないと解けず。
問題自体は簡単ですが、息子はこのテの問題が苦手。

で、「Z会は国語わからない → Z会は難しい!」となり・・・
「このレベルでわからない??」と、母はガックリですが・・・

<判定>
今月は両者の差はないので、
引き分け!

 

Z会VSチャレンジ 10月の陣

今回は、10月号の比較
ちなみに、小学2年生です。

チャレンジは、9月20日に届くなり、やり始めて10月3日に終了。
赤ペン先生のテストも提出済み。
Z会は、10月5日から始めたところ。

両者、小学2年生の天王山ともいうべきかけ算がメイン。
でも、進め方は、それぞれ~
詳しく見ていきましょう!

まずは、チャレンジ
 ・国語は、単元「きつねのおきゃくさま」、漢字学習
 ・漢字を「へん&つくり」に分ける問題あり(今まで、あまりなかった)
 ・算数は、引き算の筆算、かけ算
 ・付録「九九バトルマシーンEX(エキサイティング)」

   IMG_2826.jpg

   IMG_2827.jpg

かけ算は、いきなり九九を覚えさせず、意味やしくみを段階を踏んで説明。

問題を足し算で計算させる
          ↓
式が長くて、計算も大変
        ↓
かけ算なら簡単だよ! 
        ↓
九九を覚えると、もっと楽だよ!!    を実感させる仕掛け。

さらに。
付録でキャラクターと対戦しながら九九を覚えられる。
子供はゲーム感覚でできるので、負担にならない様子。
むしろ、楽しんでる!?
友達と「○○キャラ、もう倒したよ!」と、自慢し合う程。

今までの付録と比べても、一番使えて、一番立派!
ベネッセの意気込みが感じられまっせ。

お次は、Z会
 ・国語は、文章読解(2つ)、俳句作り、読んだ本を絵で表現&感想文&話す 他
 ・算数は、かけ算

   IMG_2828.jpg

   IMG_2829.jpg

かけ算の導入を、チャレンジは5回かけてるが、Z会は2回。
3回目から、九九に入ってる。
2、5、3、4の段をそれぞれ1回で覚える内容。
え~!!急ぎ過ぎなんじゃ?? 

ちなみに、チャレンジは5の段のみ。
だけど、これも1回だけ。

Z会は、10~12月とかけ算に3ヶ月かけるカリキュラム。
この感じだと、来月は残りの段(1、6、7、8、9)を扱い、再来月にまとめなのかな?
対するチャレンジは、10~1月の4ヶ月。

Z会は、付録がないので、テキストやドリルだけで九九を覚えさせるのよねぇ。
学校でみっちりやるから(多分)、家庭学習は覚えてることが前提?

息子はソロバン教室絡みで九九を覚えたので、
サクサク解くので、サンプルにならず・・・すみません
もし、初めて接してたなら、ドリルだけでは、とっつきにくかっただろうな~

子供のヤル気や食いつきの面では、チャレンジの付録が効果的。
現に、退屈な時は九九マシンやってるし・・・

<判定>
かけ算の導入に段階を踏んでいる、付録が効果的 を評価し、
チャレンジの勝ち! 

 

Z会9月号をやり終えて、再度比較してみた

9月から、チャレンジとZ会の2本立てがスタート!
チャレンジ9月号は、8月末にやり終えたので、
Z会の教材が届いた翌日から取り組むことができた。

予想外に、Z会は順調に終わった。
息子、やるじゃん!! (o ̄∇ ̄)σ

「だって、問題少ないから楽!」と言う。
え?母もそう思ったけど、
ぼんやりした性格の息子が気付く位、少ない・・・ってこと?  L( ̄∇ ̄;)」オーマイガー!

そこで、教科書に準じてる「算数」で、両教材を比較してみた。
この感想は、私の独断と偏見100%でございますっ!

今月は、いずれも「くり上がりのあるひっ算」がメイン。
出題レベルは、ほぼ同じ。
Z会に3桁+3桁の発展問題はあるが。

チャレンジ・・・テキスト たし算6回分(提出テスト除く)
Z会・・・・・・・・テキスト たし算約3.5回分、ひき算約3.5回分(提出テスト除く)

「たし算」の回数で、およそ倍違う。
ちなみに、チャレンジは10月号で「ひき算」を扱う。(テキスト4回分)

チャレンジは、同じ内容の問題を繰り返し、少しずつ違う内容に移っていく。
だが、Z会はその繰り返しが少なく、急に移る感じ。
息子曰く「急に難しくなる~」

つまり!雑な言い方だが、
チャレンジが1段ずつ昇るのに対して、Z会は3段飛ばし・・という感じ。
なお、Z会にも付属のドリルがあるので、そちらで問題数は補える。
が!私が見ても「急に難しくなる~」

お利口な子や、その単元がすんなり理解できれば、
Z会のような出題でも、ついていけると思う。
ただ、苦手な単元だと、親のフォローが必須だと実感。
3段飛ばしたうち、2段は噛み砕いて説明しなきゃ・・・だな。ノ( ̄0 ̄;)\オー!ノー!

さて、10月号はいずれも
2年生の真打ち「かけ算」が登場!!
ソロバン習ってる関係で、九九はバッチリ。
去年からやってて、良かったわ~ (^▽^;)


 

Z会VSチャレンジ 9月の陣

<初めに>
小学2年生のチャレンジとZ会を比較した感想です。
私個人の勝手な感想、および息子の食いつき度合いを指標にしてます。
そのため、みなさんの意見との食い違いは、多々あると思います。
予め、ご了承くださいませ。

今回は、9月号の比較
ちなみに、チャレンジは教科書に準じた内容、
Z会は算数のみ教科書どおり、国語はオリジナルカリキュラム です。

チャレンジは、夏休み中に届いたので、既にやり終えて、
赤ペン先生へのテストも提出済み。
昨日、Z会が届いたので、スタートしたところ!

まずは、チャレンジ
 ・算数・国語ともに、1学期の復習あり(全体の約1/3)
 ・国語は、単元「わかりやすく せつ明しよう」、作文の書き方
 ・漢字学習がいつもより多い
 ・算数は、2ケタどうしの筆算(答えは、初3ケタ)、3つの数の足し算
 ・DVD&テキスト1回分で、かけ算の前フリあり(10月からスタート)

   IMG_2755.jpg

   IMG_2756.jpg

かけ算にむけて、新しいキャラクター(大阪から引っ越してきたタロウ君)が
加わり、ますます賑やかな紙面 ( ̄O ̄;)

しかも、このタロウ君。
ダジャレ好きで、大阪人=面白いキャラという設定?
でも、笑いのレベルが低くて・・・大阪人 怒りそう~ o( ̄▽ ̄メ )
息子は大喜びだが。

オマケの鉛筆(おうえんぴつ)の長さをキャラクターと競う仕掛けもあり。
ちなみに、「短い方が勝ち!」だそう。
おかげで、息子はせっせと削ってる・・・ 勉強しなきゃ意味ないぜよっ!( ̄。 ̄メ)

お次は、Z会~
 ・算数は、2ケタどうしの筆算(答えは、3ケタ)、3ケタ-2ケタの筆算、3つの数の計算、計算の工夫
 ・国語は、電話の話し方、文のおわりの言い方、文章読解(2つ)、お知らせ文の書き方 他

   IMG_2751.jpg

   IMG_2753.jpg

算数は、教科書に準じてるので、チャレンジとほぼ同じ。
説明部分が多く見やすいが、問題数は、テキスト&ドリル共にチャレンジの方が多い。

国語は、「え?これだけ?」と不安になる程、少ない・・・
テキストに漢字練習なし。
ドリルも2年生の漢字より、1年生の漢字の書取りが多い。
これだけで漢字覚えれる子は、スゴイと思う。息子は無理だ! \(;゚∇゚)/

でも、「文のおわりの言い方」では、「~です、ます」調と「~だ、~である」調の使い分け、
現在形と過去形を意識させる意味があり、奥が深い・・・

できるお子さんなら、「電話の話し方」も含めて、「何をいまさら?」でしょうけど、
わが息子には、耳が痛いというか・・・
改めて、「あ~、やっぱり? !!!!!(゚Д゚||)」と実感。

<判定>
学校の勉強への率先力、問題量の多さ、かけ算の仕込み を評価し、
チャレンジに軍配!

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。