prev07next
sunmontuewedthufrisat
------1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031-----

プロフィール

Mjuk

Author:Mjuk

千葉県在住。インテリア大好き!友人の料理教室(96’s Cooking)を手伝い中。

FC2カウンター

参加してます

にほんブログ村 インテリアブログへ にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ にほんブログ村 子育てブログへ

ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ内検索

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

チャレンジ3年生 5月号

オマケの消しゴム欲しさに、4月号を2週間でこなした息子。
それが3月末。
提出した赤ペン答案が、おととい戻ってきた。

期待大!で封筒を開け、
消しゴムを見るなり、「小さっ!!」 L(゚ロ゚L ;)
私も思わず、「薄っ!!」 (゚∇゚ ;)

・・・ま、オマケですから。
畳み掛けるように、5月号のオマケはメモ帳。
それでヤル気になった子供が、ここにいます・・・

そして昨日、5月号教材が届いた。(フライング)
早速、夢中になって本やドリルを見て、付録の方位磁石をいじってる。

「チャレンジって漫画みたい」 とか
「付録多くて、教材じゃないよね~」 とか
「問題が簡単すぎない?」 とか言われてますが、
ウチの息子には、ストライクど真ん中な教材。

息子に家庭学習の習慣がつき、
将来なりたい職業が「ドリルを作る人」らしいのは、
チャレンジのおかげデス!


赤ペン答案や教材が届いた時の喜びようは、サンタからのプレゼント並。
教材は全てこなすし、一人で解けるし、何より楽しそう。
親のゴリ押しで始めたZ会とは、えらく違う~ (゚ー゚;)

さて、5月号の中身です。

国語 : 物語の読解。
      漢字は、まさかの24字!Z会よりハイペース!)゚0゚(

算数 : 3年生の真打ち「わり算」が、早くも登場!
      かけ算と絡めた内容。
      九九を完全メモリーしてないと、キツイかも~
      最後の方は、「九九にないわり算(例:560÷8)」にステップアップ。

理科 : 「植物の育ち方」の学習。
      種や葉について、観察し名前を覚える。

社会 : 「学校のまわりの様子」について。
      地図記号、方位、方位磁石の使い方を覚える。

貰ったばかりの教科書、4月の授業予定と照らし合わせると・・・・
国語は、チャレンジ4月号の3単元をゴッソリ飛ばすよう。
時間がないから? ( ・◇・)?
いきなり5月号と同じ、物語を習う。

授業数は変わらないのに、カリキュラムが増えて、先生は大変だ~
家でフォローする内容を指示してくれると、助かるんだけど。
それがないから、みなさん自前(塾、通信教育など)をやってるワケで・・・・

別冊で「先行実施まるごと対応パック」が付いてます。
中身は、
理科の追加単元&ローマ字のドリル、ローマ字と日本地図の下敷き。

ローマ字やる時間なんて、ないよっ~~!!
漢字200字で、イッパイイッパイだよ~~!! ○ ̄□ ̄)=○

スポンサーサイト
 

チャレンジ3年生 4月号

既に届いてるチャレンジ3年生の4月号教材。
息子は「赤ペン出したら、消しゴム貰える!」とチェック済み。
毎度、オマケに釣られる男だよ・・・ ( ̄。 ̄メ)

テキストを見ると、4教科とも「春休みにやろう!」というページがある。
2年生の復習かと思いきや、3年生の予習もある。
ほほぅ~!2年生とは一味違う・・・気がする。σ( ̄◇ ̄)

まだ教科書を貰ってないので、正確にはわからないけど、
テキストを見ての感想デス。

国語 : 詩が2つ、TPOに応じたスピーチや説明の仕方、発見したことをまとめる、
      といった取っ付きやすい単元のよう。
      漢字は8字しかない・・・ozh

算数 : 時間の問題、かけ算がメイン。
      時計の見方や簡単な問題は、新学習指導要領の影響で2年生で学習済みなので、
      スムーズに進みそう。
      「秒」が出てくるが、生活でよく使うので、わかるだろう。
      かけ算は、×0、×10なので簡単。
      他も2年生の内容と重複する。

理科 : 春の身近な植物の観察とまとめ。
      写真やイラストがてんこ盛りなテキスト紙面で子供ウケいいかも。
      でも、ゴチャゴチャしてて、肝心なところが一目でわからない・・・w( ̄▽ ̄;)wワア
      記述は少なく、シール貼りまくり~

社会 : 町で発見した建物や施設、仕事を調査し、まとめる。
      理科同様、記述は少なく、シール貼りまくり~

ザックリ言えば、4月号は簡単だ!
新学期を待たずに、すぐ取り組めそうな内容ばかり。
補足) 教科書によりテキストの内容が異なります。

すでに学校は短縮授業になり、早々に下校するので、時間はたっぷりある。
真打ち(Z会)が届く前に、サクッとやっていただきたいものだ。 ( ̄」0 ̄)」

 

チャレンジ3年生スターターセット

フライングしてるせいか、早々に届いた3年生スターターセット!
毎回思うのだが、箱には盛りだくさんのグッツ&テキスト。
まるでサンタからのプレゼントのように、息子は大喜び!!

だけど・・・ブツは所詮、勉強関係。
「なぜ喜ぶ?」と不思議なのだが、そこはチャレンジ・マジッ~ク!
漫画てんこ盛りなため、勉強<楽しみの錯覚?? ( ̄O ̄;)

小3で習う漢字ポスターをトイレのドアに貼り、
理科のプレ実験の紙すきを速攻やり、
読み物の「なんで?本」に目を通し、
計算マシーンを試す息子。

今年もまんまとチャレンジの思う壺・・・w( ̄▽ ̄;)wワア
でも。
肝心のテキストとドリルには興味なし。

ドリルは、基礎編コース応用コースで選択できたので、応用をセレクト。
今まで月イチ1冊ずつ届いてたのに、4~7月分がドン!とまとめて入ってた。
「おうちのかたから → お子さまにあわせてお渡しください」のメッセージと共に・・・

で、肝心のテキスト。
私的感想ですが・・・
「小3で、なんでこんなに漫画てんこ盛りやねん?!」 ○ ̄□ ̄)=○

Z会のパンフレットには、
「学校のテスト前に、Z会のテキストを見直してます」
という受講者(小学生)のコメントが載ってますが、
正直「チャレンジのテキストは漫画だらけでどこを見直せば?」と思うんじゃないか?

でも小3は、小1,2とは異なり、子供自身にスケジュール管理や丸付け(3学期~)をするよう
シフトチェンジしてる感じがある。
当然といえば、当然だが。
その分、「子供ウケはいいけど、子供に丸投げできるのか?」という疑問も。

心配してたZ会との両立ですが、
チャレンジの問題数が予想以上に少ないので、
イケそうな気がするぅぅぅ~ L(○ ̄L)

 

2年生の総まとめ 力だめしテスト

チャレンジ2年生のテキスト・ドリルを全クリした息子。
・・・のはずが、「力だめしテスト」が残ってた!
3月号は、赤ペン先生がなく、代わりがコレ↑らしい。

早速、やっていただきました。
このテスト、年に3回(7、12、3月)あり、3択形式のマークシート。

郵送以外にWEB提出もできるので、切手と投函する手間を省くため、
わが家は毎回WEB利用!
その場で採点&回答がわかるのも便利。

後日、「学力・学習スタイル個別診断&アドバイス」という結果も届きます。
全国の受講者の平均点も載っているので、
「他のお子さん、お利口ねぇ~」と、わが子との比較もできる・・・

このテスト、チャレンジの通常レベルより難しいと思うんですけど。
・・・ウチだけ?
国語はそうでもないけど、算数が。

チャレンジにしては珍しく、引っ掛け問題があるんですよ。
バカな 素直な息子は、面白いように引っ掛かる・・・щ(゚ロ゚щ)
問題をしっかり読んでないのが、モロわかり~

まだ3年生始まってないけど、教材お届けフライングの申込みしました。
Z会も月末に届くので、バッティングしないよう調整したくて。
息子がやりたがるのでチャレンジ受講しますが、メインはZ会!

「チャレンジは趣味の時間にやってくれ!」というのが、母の本音。
先輩ママに話したら、
「理科・社会もあるから、チャレンジでも3年生からは難しくなるよ~」と言われました。

はてさて、どうなることやら・・・ (-_-;*)


 

チャレンジ2年生 1年間をふりかえって

去年、「チャレンジ1年生 完走した感想」を書きましたが、
今回は、その2年生版。

<補足>
フライングで教材を送って貰っているため、毎月9日前後に届きます。(通常は20日前後)
国語・算数エブリデーやってると、20日過ぎには終了。
そのため今日現在、3月号も総合テスト以外、終わりました。

1年生は、ベネッセのオプション教材をフルにやりました。
値段の割にイマイチだったので、
2年生はオプションは追加せず、通常のチャレンジのみ。

途中3ヶ月ほど、Z会と二股したけども~
でも、他の通信教材と比べることで、チャレンジの特性がわかった気がします。
以下、私なりの感想です。

・毎日、勉強する習慣が定着した。
 息子のクラスは宿題が少ないため、家庭学習の習慣が定着したのは、チャレンジのおかげ!

・教科書に準じた内容は、予習復習に役立った
 新学習指導要領のカリキュラムのフォローに役立ちました。
 
・簡単で楽しい紙面は、息子に合っていた。
 チャレンジは取っ付きやすいので、私が指示しなくても、息子自ら進んでやってました。
 息子に合ったレベルと量だった、と思います。

・短時間でできる。
 簡単なので、国語・算数で15分くらいで終了しました。
 負担にならないのも、長続きの秘訣。

・赤ペン先生の効果は大きい!
  答案が届くのが楽しみで、100点だと大喜びしてました。

・読み物の「はてな?はっけん!ブック」で豆知識をGET。
 広く浅く、いろんなジャンルに触れることができました。
 電車や乗り物の本しか読まない息子には、貴重な情報源~

・九九のカリキュラムは、よく出来ていた。
 ソロバンの関係で九九は覚えてましたが、九九バトルマシンでスピードアップ!
 Z会と比べても、わかりやすい内容だったと思います。

・漢字辞典はイマイチ。
 辞書の半分が漫画なのには、ガッカリ(=私)
 漢字ポスターの方が役立ちました。

・イラストがゴチャゴチャし過ぎる。
 イラストに問題が埋もれてる感じで、解答欄がわかりにくいことも(特に算数)
 全体的にイラストの量が多すぎ。

ほぼ、1年生の時と同じような感想ですね・・・

チャレンジを2年間やって思ったのは、
教科書に準じた内容で出題形式も簡単なので、ハードルが低いこと。
低学年で学習習慣をつけるのに、適した教材だということ。

付録やシールなど、オマケ誘導作戦にハマリやすい子にはモッテコイ!
単純な 素直な男の子にファンが多いのも、これが理由?
大人っぽい女の子やデキルお子さんには、子供っぽい&物足りないでしょう。

ただ。
学年が上がるにつれ、「楽しいだけでいいの?」「簡単すぎるのでは?」という不安は、
親の方に出てくるのは、わかる気がします。
低学年はチャレンジで慣らし、3年生から他に・・・という話しをチラホラ聞きます。

要は、その子に合ってる教材なのか、
何を目標としてるのか(学習習慣を付けたい、応用問題を解けるようにしたい 等)で
教材選びも変わってきますよねぇ。

わが家の場合。
息子にチャレンジはJUST FITだったので、やって良かった!と思います。
すべての教材のやり残しがなく、添削答案も期日前に提出できたのが、その証拠。
私も問題集選びに奔走しなくて済み、効率的に家庭学習ができました。
低コストで済んだのも、助かりました。
何より、息子が喜んで取り組めたことが、一番かな~


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。